動物病院の診療費の負担を軽減してくれるペット保険

2017-01-13ブログテーマ《動物病院》のリスト

日本人の多くは、不調で病院に行くとき診療費を大幅に心配はありません。 健康保険が診療費の7割をふたんしてくれるからです。

また治療い多額の費用がかかる医療でも高額医療費助成をしようしたり、事前に加入しておいた生命保険で本人負担金を軽減出来る場合が多いからです。 診療費を気にせず少し調子が悪かったり、さらには痛くなくても検診の目的で、病院を受診することができるので患者の治癒率も上がる。

また、来院をためらって治療時期を逃した場合に比べて、診療費が安くなる効果もある。 予告なしに訪ねてくる病気に対応する医療サービスの中核は、保険である。 これは、ペットの医療にも同様に適用される。 まだ歴史は浅く不十分な点も多いが、ペットの医療福祉水準を向上させ、飼い主の負担を軽減させるためには、保険の活性化が不可欠である。 英国、米国、日本などのペットの臨床先進国の医療保険の現状を調べてみた。

英国、日本などのペット医療保険市場は毎年10%を超える成長率を見せ急速に位置しているようだ。

イギリスの場合、ペットの医療保険商品が86個に達する。全体ペットの約20%が保険に加入されているほど、世界最大のペット医療保険局である。

2014年の市場規模は7億4000万ポンド(約1174億)に迫る。 ペット臨床の世界最大の市場である米国でも保険制度が有効になっている。約10%がペット保険に加入していると推定される。

1982年に始まったアメリカのVPI(Veterinary Pet Insurance)ペット保険は、診断検査費用から手術、処方、入院などの診療費全般を保証する。 犬や猫だけでなく、ハムスター、トカゲなどの特殊な動物を対象とした保険商品も設けられている。 自己負担金は0%~30%水準であり、VPI社の最高人気商品の場合、年間最大保証金額が1万4千ドル(約140万)に達する。

全世帯の68%(2013年APPA調査)がペットを育てる米国では一般的な企業の従業員の福祉政策にペットの医療保険加入費をサポートしている場合まである。 日本は2万匹の犬・猫のうち、約4%が保険に加入していることが調査されており、年間20%に迫る加入件数の増加率を見せている。

最大50%の自己負担率を持っているが終身更新が可能な保険商品も設けられている。 また、日本でも多様な保険商品が販売されており犬・猫だけでなくハムスターや鳥・爬虫類などの小動物や特殊な動物を対象にした商品も出てきている。 うまく保険を選ぶことでペットにかかる医療費を軽減したり、病気の際お金の心配をせず動物病院に治療をお任せ出来るのは飼い主にとっても安心材料になると思います。

【 参考にさせて頂いた動物病因 】

Tags:

Leave a Reply

Archives

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans

© 2010 Alcor Theme. All Rights Reserved.